片付けのやる気を出す方法|片付けのモチベーションを一気に上げるコツ10選

疲れているときや気分が乗らないときなど、どうしても片付けのやる気が出ない日ってありますよね。

そんな日に役立つ、片付けのモチベーションがアップする方法をまとめました。面倒くさくてつい後回しにしてしまう片付けも、簡単なコツをつかめば楽に取りかかれるようになります。

やる気が出ない片付けが楽にできるようになるコツ

片付けの段取りをシミュレーションする

片付けをする前に一通り段取りをシミュレーションし、やることを紙に箇条書きします。できたことを一つ一つ線で消していくと確実に作業が進んだ達成感を感じることができます。

近くにあるものを5個片付けてみる

とりあえず近くにあるものを何でもいいので5個片付けてみます。小さな作業をクリアすれば気分が乗ってきて、もっと片付けしてみようという気になってきます。

時間を区切る

テレビCMの間や、お湯を沸かしている間など短時間(3~10分程度)集中して片付けます。短時間でも集中すると思っていた以上に片付けが進みます。

お子さんがいるなら片付けゲームがおすすめです。ルールは、家族全員で10分間片付け。片付けた物の数が多い人が勝ちです。子供も喜んで片付けをしてくれます。

その日のうちに片づける・「ついで」の片付けを極める

外出先から帰ってきたら、一休みしたい気持ちはぐっと抑えてそのまま部屋の片付け。買い物をしたら、家についてすぐ値札を取り、商品が入っていた袋を処分し、使う場所に収納します。

お風呂に入った後にお風呂と洗面所の片付け、トイレに行ったらトイレや廊下の片付けなど。わざわざ片付けのために動くのは面倒でも、何かのついでなら面倒くささも半減します。

「今やっておけば、この先の自分が楽できる!」と思いながら作業すると段々やる気が出てきます。毎日やるうちに、習慣化して何も考えずにできるようになってきます。

片付けのモチベーションアップ法

「理想の部屋」をイメージする。

お洒落なインテリアの雑誌やサイトを見て「自分がどんな生活をしたいか」具体的にイメージします。理想の自分になれそうな部屋を目指して片付けをします。

片付け前・後の写真を撮る

片付け前と後に、スマートフォンなどで部屋の写真を撮ります。

写真に撮ると、自分の部屋を客観的に見ることができます。写真に写った家が思っていたよりも汚くて驚くことも。何とかしなきゃという気分が盛り上がってきます。片付け前後の効果を見比べれば、片付けを頑張った達成感を感じられます。

ノリのいい音楽やラジオをかける。

好きなアーティストの音楽や、面白いラジオを聴きながら作業すると片付けがはかどります。

自分へのご褒美を作る。

片付けのモチベーションが上がる自分へのご褒美を用意します。(物ではなく食や体験のご褒美がおすすめ)。

  • 片付けが終わったら美味しい限定スイーツを食べられる。
  • 1時間片付けできれば、楽しみにしているドラマやTV番組を見られる。
  • 20日間毎日1時間片付けができたら、好きな映画やコンサートに行ける。

来客の予定を入れておく

人を招待すると片付けへのモチベーションが一気に上がります。月に1日~2日来客の予定を入れておけば、極端に部屋が散らかることもなくなってきます。招待するのは、散らかった部屋を見せたくない人にしましょう。

引っ越しをする

お金も手間もかかるので難しいとは思いますが、契約更新などで引っ越しを考えている人ならおすすめ。引っ越しは期限が迫っているのと、無駄なものを運ぶと引っ越し代がかさむプレッシャーで不用品の片付けがすごくはかどります。

今回ご紹介した中で、もし取り入れられそうなことがあれば試してみてくださいね。