無印おすすめの新商品・分解できるキッチンバサミ|人気の貝印と徹底比較

わが家では、貝印で人気のキッチンバサミを5年間使っています。よく切れて、料理によってはまな板を使わずに調理ができてとっても便利です。

ただ長年使って少し切れ味が落ちてきたので、無地良品のキッチンバサミを追加購入しました。

今回は、無地と貝印のキッチンバサミを比較して、使い勝手を詳しくご紹介します。

ステンレス・日本製・食洗器対応の分解できるキッチンバサミ

無印と貝印のキッチンバサミを比較すると、無印の方が小さくて軽めです。刃の材質は、どちらもステンレス刃物鋼。食洗器対応。無地は日本製です。

左側:無印良品 右側:貝印

無印良品と貝印の分解できるキッチンバサミ

サイズ・重さ・生産国

サイズ重さ生産国
無印198×82×14mm約118g日本製
貝印213×90×15mm約128g中国製

※私が持っている貝印のキッチンバサミは128gでしたが公式サイトでは122gでした。今出ているものは軽量化しているのかもしれません。

切れ味・開閉の硬さ
どちらのキッチンバサミもよく切れます!
(貝印は購入して5年経ち少し切れ味が落ちていますが、使用頻度から考えると耐久性が十分あると思います。)

貝印の方が力を入れずに開閉できます。無印の方が硬めです。刃先は無印の方が細いので、細かい作業は無印の方がやりやすいです。

無印分解して洗えるキッチンばさみ先端

ハンドルを持った感じ

無印は貝印よりもハンドル部分が小さめで、女性が持ちやすいサイズです。(私は女性にしてはかなり手が大きい方なので、貝印の方が合っていました。)

ハンドルはどちらも滑りにくい素材を使用しています。滑らず手も痛くなりません。

お手入れ方法

無印も貝印も刃部を大きく開くと簡単に分解できます。隅々まで綺麗に洗えるので衛生的に使えます。食洗器を使う場合は、分解してざっと水に流して食洗器に入れるだけでOKなので、とっても手入れが楽です。

無印良品 分解して洗えるキッチンばさみ

貝印も無印、どちらのキッチンバサミも甲乙つけがたく使いやすいです!

でも、手が小さい人や、軽くて小回りがきくキッチンバサミが好みな人は、無印の方が使いやすいのではないかと思います。

無印のキッチンバサミは刃先がとがっているので、細かい作業がやりやすいです。私は鶏肉の筋や脂をとるのがすごく苦手なのですが、無地のキッチンバサミなら楽に取れます。

わが家では、無印のキッチンバサミを肉・魚調理用に、貝印を薬味や野菜用にと使い分けしています。

料理が楽になるキッチンバサミ。これからも毎日活用していきたいと思っています。

無印

貝印